ここは、田舎の「山」を舞台に様々な活動を行っているグループのページです。










山と木の市場

きこりストーリー
 「栃編」 pdf 2.65M


きこりストーリー
 「桐編」 pdf 1.59M


「栃の王国」
    見学会


「栃の王国」
  伐採見学会


「栃の王国」
  製材見学会

「栃の王国」
   木工体験


木の大学講座in浅岐

年間イベント情報

森のしごと舎

(一社) IORI倶楽部

NPO法人
わくわく奥会津.COM


NPO法人
桐の応援団


NPO法人
会津みしま
自然エネルギー
研究会


会津
自然エネルギー機構





 リ ン ク

 




      ◎森のしごと舎 移転しました。

      ◎7月、8月にかけて、木工教室を開講します。
                  詳しくは、 ⇒ 森のしごと舎ブログページ

      ◎山と木の市場 開催いたしました。 ご来場の皆様に感謝申し上げます。
      
      ◎年間イベント情報を更新しました。



 

趣旨・目的   

第一に、会津地方の森林・林業を取り巻く環境として、全国的に国産材の需要と価格が低迷する中で、
会津地方においても林業経営意欲の低下、林業従事者の減少と高齢化などが進み、林業の停滞を招いている。
すなわち、間伐の未実施や伐採跡地への再造林未実施など基本的管理を行わない、
または、行えない状況となっているなど、林業生産活動の停滞を主因として、整備を必要とするが整備がなされない
森林が増加しており、具体的な現状把握とその対策が求められている。

    そこで、会津地方の森の再生のために何をなすべきなのか・・・・・・・

森の再生のためには、森林の健全な維持・保全を図りつつ、木材をはじめとする森林資源の利活用と
これに関連する産業の安定的生産活動が行われていることが必要であり、森林の維持・保全と活用の2つが
図られてこそ地域が活性化していくと考える。この必要性があることは、国土の保全、林業経営の健全化、
地球温暖化防止などの面からも期待が大きい。
まさに、三島町は中山間地における産業の活性化という問題を抱えており、先にあげた諸問題の解決に道筋を
つけるべく、情報の発信を行うと同時に、実際の現場を観て学び、感じていただける場の提供を目指し、
多くの方々にご利用していただける環境の提案を目的といたします。


 山と木の集い実行委員会
〒969−7402 福島県大沼郡三島町大字名入字下上ノ原358     事務局 
「本記載には、各参加者の著作権・知財に属する内容がありますので引用・転用はできません。」
web 担当   E-mail    thudoi@aizukiri.or.jp
Copyright (C) 2009 yamatokinotudoi-jikkouiinkai. All Rights Reserved.